タイムレコーダーを使って勤怠管理の負担軽減が可能

###Site Name###

タイムレコーダーとは主に企業などで勤怠管理に用いられる機器のことです。


社員が出勤した時刻、退社した時刻をタイムカードという紙製のカードに記録し勤務時間管理や給料計算などに使います。

タイムカードの勤怠管理のお役立ち情報を公開しています。

中には、人間に代わり勤務時間や時間給などを計算する性能の高いタイムレコーダーもあり企業側の給料計算などの負担を大きく軽減するものになっています。

OKWaveはとにかくお勧めです。

一般的に一枚のカードで社員一人の一か月の勤怠管理をするものがほとんどです。


紙製のタイムカードを使うものが主流でしたが、ICカードや整体認証方式のもの、またはパソコンにつないで勤怠管理できるものも増えています。



パソコンにつなぎソフトなどで簡単に社員全員の総勤務時間の管理や人件費などの計算を行えることもあり、経営の見直しや改善などにも利用されることが多々あります。
ただし、まだまだコスト面などで紙製のタイムカード利用のものが人気もあり、個人経営の会社や小さな商店などではアルバイトやパートの勤怠管理などは従来のタイムレコーダーを使うのが一般的と言えます。

メーカーから販売されるタイムレコーダーの種類もかなり豊富で、よりコンパクトなもの、コストパフォーマンスにたけたものなど様々です。

最近では大学の学生証と一体化させてタイムレコーダーで出欠管理を行う大学もあります。また、運送会社などで荷物の配達管理に使われるものやパーキングエリアなどで駐車時間管理に使われるものなど様々な用途で活用されています。